HOME>オススメ情報>大切な品物を担保にしてお金を借りる仕組み

まずは預けること

計算

渋谷では、より多くのパイプを持っているであろう、鑑定士がいる店舗を選びましょう。より多くの品物の相場を勉強し、それがまともに金額として反映されます。例えば、若者の街・渋谷ではブランドバックも人気ですが、モデルによっては金額のつかないものも出てきます。新作に近ければ査定も期待できるのですが、買取不可ということも無きにしも非ずです。しかし、質屋の仕組みからいえば、質流れも喜ばしいようです。希少価値のあるものを培ったネットワーク上でオークションに出す、こうしたことができます。店舗で販売も可能、貸付金に対して延滞すれば延滞金も発生、利息や手数料などによるプラスαが約束されています。ですから、品物によっては買取店に持って行くよりも、品物が悪くとも担保にできる質屋に持って行く方が、双方にメリットがあることが理解できます。

安易な質流しは避けよう

女性

質屋の仕組みは、品物を預けてお金を借りるというように、分かり易くいえば、ショッピングクレジットの類です。利息の日割り計算であれば安心ですが、質期限日を1日でも過ぎれば1ヵ月分の利息を支払う返済方法も少なくありません。せめて、半月利息を提案する質屋を選びましょう。加えて、東京渋谷の質屋協同組合であったり、組合連合会だったりに加盟しているような信頼度もチェックしましょう。さらに、評価の対象になるのが何なのか、そこが分からない場合、安易に手放さない(質流れ)ようにしましょう。

意外ではあるが楽器のニーズが高い

お金を持つ人

若者の街・渋谷にある質屋では、洋服・ブランド品などが持ち込まれるようですが、預ける品物として高級楽器が取り扱われています。楽器もブランドネームで査定されますが、楽器に詳しい業者とのタイアップで相場より高値が意識されているようです。専門店並みに、マニアックなブランドにも対応できるのは、若者文化が蔓延る渋谷ならではです。意外かもしれませんが、ブランド品よりも音楽にはファンが多く、預けやすさがあり、融資額もしっかりつけてくれるようです。

広告募集中